テクニカル分析  日本で伝統的な酒田五法をマスターするだけで株やFXで使える!

FXトレード

江戸時代の相場師から酒田五法を学ぶべき

江戸時代の日本 出羽国 本間宗久は、江戸時代の相場師でありローソク足の組み合わせによって買い場、売り場を読む5つの法則を見つけました。
もともと8代将軍徳川吉宗の時代に生まれた相場師です。

ローソク足の並びに規則性を見つけ、彼の手法は今の株式市場やFX市場でも使うことができます。

彼の出身地である「酒田」の名を取り、「酒田五法」と呼ばれました。

五法の中には、
「三山」
「三川」
「三空」
「三兵」
「三法」
があります。

初心者がこの5つを実践的に使うことができるようになると、株式市場やFXで勝つことができるようになります。

テクニカル分析の本は書店に多く売っていますが、今回「酒田五法」をしっかりと学んで使いこなすことができるようになるだけでも充分トレード力の向上につなげることができるようになります。

酒田五法はたったこの5つをマスターすればよい!

①三山、三尊

三尊

相場の天井圏で出てくるローソク足の並びです。相場が下降していくサインです。
海外では 「ヘッドアンドショルダー」と言うこともあります。
中心の頭と左右の肩に見えることから、このような名前になっています。

チャートパターンとして、天井圏で出てくる必須のパターンなので必ず頭に入れておくべきものです。
高値同士に差がない場合は、「三山」といいます。海外では「トリプルトップ」ともいいます。

逆三尊

相場の底値圏で出てくるローソクの並びです。相場が上昇していくサインです。
海外では 「逆ヘッドアンドショルダー」ということもあります。

こちらも、チャートパターンの底値圏で出てくる必須のパターンなので必ず頭に入れておくべきものです。
安値に差がない場合は、「逆三山」といいます。 海外では「トリプルボトム」ともいいます。

②三川(さんせい)

 

酒田五法の中で非常に大切でかつ種類が多いのがこの三川です。
三山のような形ではなく三川は3本のローソク足のみに注目した手法になります。

大陽線の後に、十字型の線が出現します。これを「星」といいます。
次に陰線が出れば、「宵の明星」が完成し、相場の下落に反転する可能性が出てきます。

★大陽線→星→大陽線
★大陰線→星→大陽線

はらみ線

大陽線の後に、その大陽線によって包み込まれるような小陰線が出てきます。
これは、天井圏から、相場が下落に反転する可能性が出てきます。
逆に、大陰線の後に、その大陰線によって包み込まれるような小陽線が出てきます。
これは、底値圏から、相場が上昇に反転する可能性のサインです。

つつみ線

小陽線のあとに、大陰線が出てくる相場はこのあと大きく下落に反転することを示します。
逆に、小陰線の後に、大陽線が出てくる相場はこのあと大きく上昇に反転することを示します。

かぶせ線

大陽線のあとに、小陰線が直前に出た大陽線をかぶせるように出てくると、上昇力が弱まっていることを示します。

切り込み線

逆に、大陰線のあとに、小陽線が直前に出た大陰線をかぶせるように出てくると、下降力が弱まっていることを示します。

たくり線

底値圏で、下髭が非常に長いローソク足が出ている場合、上昇に反転することを示しています。

首吊り線

逆に、天井圏で、上髭が非常に長いローソク足が出ている場合、下降に反転することを示しています。

三空

三空踏み上げ

三本連続で陽線が窓(ローソク足とローソク足の間の隙間)を開けながら上昇した際、その後のローソク足は陰線になりやすいという傾向があります。

三空叩き込み

三本連続で陰線が窓(ローソク足とローソク足の間の隙間)を開けながら下落した際、その後のローソク氏は陽線になりやすいという傾向があります。

三兵

三空とは逆の考え方になります。

上昇トレンドの初期段階において、三本連続で陽線が出た際、
「赤三兵」といい今後も上昇が続いていくという判断になります。

しかし、3本の陽線の中で3本目の陽線に上髭のある
「赤三兵先詰まり」

陽線だが連続で上髭が出ている
「仕掛け花火」

は売り圧力が出てきているため、下落する可能性が高いと判断します。

三羽鳥(さんばがらす)

陰線が3本連続で続いている場合、下落への反転シグナルになります。

同時三羽

前日の終値と当日の始値が同値のまま下がり続けるものになります。

小石崩れ

3本連続で陰線かつ陽線の反発も小さくその後再び陰線が出ていくものです。上昇の力がなく下落していきます。

赤三兵」や「三羽鳥」は、

相場が転換したばかりなのか

それとも
すでに過熱した相場におけるものなのかどちらなのかが大事です。

どちらも、相場が転換して間もないときに信用できるシグナルとなります。

三法(さんぽう)

三法の言い伝えとしては、

「休むも相場なり」です。

基本的に、相場が一方向に上昇し続けたり、下落し続けることはなく必ず「押し目」や「戻し目」といった休憩する時間があります。 それがこの三法です。

上げ三法

チャートが上昇している際に、大陽線が出てから3本の小陰線が出る場合があります。この小さな3本の陰線が「三法」です。相場の休憩場所です。この後、再び大陽線を出して上昇していきます。

下げ三法

チャートが下落している際に、第陰線が出てから3本の小陽線が出る場合があります。この小さな3本の陽線が同様に「三法」です。この後、再び大陰線を出して下落していきます。

以上のような5つが「酒田五法」になります。これらの5つの法則を、
大まかに理解することができるようになっておきましょう。

酒田五法は5つに「三」という数字が絡んでいます。
三山は、
「チャートの形」で3つの山ができているかを見ますが、
三川、三空、三兵、三法は全てローソク足の3本での判断になります。
意識を置いて、相場の中を見ていくことで次にどのような動きをするのかある程度予想することができるようになるでしょう。

実際のトレードで判断するためには、ローソク足と他のテクニカルを組み合わせる
実際の相場でこれらの酒田五法だけを使って、トレードをするのは難しいです。

酒田五法と組み合わせてトレード

ビットコインの相場でもこのローソク足をみて、次の値動きがどうなるのかということを予想することができます。

陽線が3本連続、かつトレンドが転換して間もないときには「赤三兵」が出ています。

買いの勢いが少しずつ出ており、じりじりと上昇していく様子が分かります。
また、その後、上昇トレンド中にもかかわらず、陽線の後に3本連続で「陰線」が発生しています。

しかし、はじめにつけた陽線ほど長い長さではなく、短い陰線が連続で出ています。
これは、トレンドの休憩場所です。
上昇してきたビットコインは、大陽線を付けた後、その陽線をも上回るような陰線で包んでしまいます。

その後、トレンドは短期的に転換し下落していきました。
陽の2つ星という十字架のローソク足が2本連続で進んだこともあり、いったん下落の力が弱まりました。再び少しずつ上昇していきます。

その後、また同じような実体の小さな足をつけて「三川宵の明星」という形を作って再度下落していきました。
これらは、結果的にこのような酒田五法のローソク足判断によってトレンドが転換してくれるなどしていますが、ローソク足の判断だけでは難しいものです。

安値を切り上げ、高値を更新し続けるという「ダウ理論」による上昇トレンド、2点天井をつけて、高値が切り下がり安値がそろった状態でのディセンディングトライアングルにより下落していったということも踏まえて全体をとらえて順張りすることも必要になってきます。

酒田五法のローソク足判断は直近でどのような動きをするか予想するときに非常に参考になってきます。スキャルピングトレードと言って、短い時間足のトレードをするときには、その短い時間足のローソク足の形だけで判断して行うことは多いです。ただし、このローソク足には「だまし」が存在します。

「だまし」は、ローソク足の上髭や下髭およびローソク足に関係ない動きをするのでこれだけに頼り過ぎないようにすることが大事だと考えています。

特に、ビットコインは、市場がまだ小さいです。そのため、どこかの取引所によって売買されたことで一瞬だけ大きな値動きをして上髭、下髭をつけることもあり難しい場合もあります。

大きな上髭をつけたからと言って、すぐに「売り」
大きな下髭を付けたからと言って、すぐに「買い」と判断せずに、

トレンドに順張りでかつ他のインジケーターなども参考にしながらトレードして、
エントリーから利確、損切りまでいつも通りしっかりと決めておく必要があると思っています。

複数のテクニカルを習得することでさらに凄腕トレーダーになれる

ここまで、「酒田五法」を中心に他のテクニカルをどう使ってトレードをしていくかについてお話ししました。
「酒田五法」は、「三山」についてはメジャーな方法ですが、それ以外はローソク足のパターンについてでした。

「プライスアクション」といってローソク足で判断することでつぎの値動きを予想する最強で最後の判断材料となります。

型を覚えるというよりは、「買い」と「売り」どちらの力が強いかを判断することを念頭に置いて、
ローソク足から次の動きを予想することができるようになることが大事でしょう。

まずは、三尊、逆三尊などを含んだ三山はトレンド転換の大きなサインになるためマスターしておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました