【2020/11/30~2020/12/4】ビットコイン・為替相場分析

テクニカル考察

ビットコインは安値切り上げが続いているため上昇目線

ビットコインは、安値が切りあがっているため上昇目線を続けています。16000ドルを割らなかったため、上昇が続くとみています。安値切り上げによるアセンディングトライアングルになっていくとみています。しかし、私は16500ドルを割るまで、安値切り上げが終わってしまうまでは上目線で考えておくのがいいとみております。

ドル円

ドル円は安値切り上げと高値切り下げが同時に起こっており、今後の動きが分かりづらくなっております。直近の高値である104.688を超えることができれば、積極的にロングを入れたいですが、全体のトレンドはまだ下落トレンドが終わっていないため無理にロングは入れないほうが良いでしょう。

 

 

ユーロドル

ユーロドルは、安値切り上げのアセンディングトライアングルを形成しており1.19382を超えていくと急騰していくとみております。大きくロングを取ることができるチャンスのため、1.19000を損切ラインにおいて積極的にロングを狙っていきましょう。逆にオレンジ色のトレンドラインを割ると下落トレンドに転換していくタイミングでしょう。

ポンドドル

ポンドドルも1.32989から1.33984のレンジを形成しております。1.33948を超えてくるとさらに大きく伸びてくるとみております。今後も安値が切りあがっているためロングで狙っていきたいですが、1.34967は今までにどつけている天井のため狙っていくにしても一旦1.34967で利確するほうがいいとみております。

ゴールド

ゴールドは、週足レベルのトレンドライン上まで下落してきました。そのため今後は上昇していく可能性が高いのではないかとみております。1800ドルを割らずに、1816ドルを超えていけば上昇していくとみております。それまでは無理にポジションを取るところではないでしょう。18000ドルを割るとさらに下落していきます。

タイトルとURLをコピーしました