【2020/11/12】ビットコイン・為替相場分析

テクニカル考察

ビットコインは安値切り上げ急騰パターン

 

は、ピンクの安値切り上げトレンドラインに沿ってアセンディングトライアングルの形を作り上昇を続けています。その

ため基本はロングで攻めて順張りしていくほうが圧倒的に勝率が高いでしょう。
無理して、天井を狙う場面ではありません。ショートは、ロングの利確が入ると思われる16150ドルのみを狙うだけです。

上昇の場合

前回の高値15800ドルを超えていけば、飛んで上がっていくとみています。
ロングをするなら、水平線15505を狙ってロングしていくのがいいと思います。
利確は前回の高値15800をまず狙っていくべきでしょう。もちろん15800を超えていけば16150ドルに向けてロングを持つのがいいと思っております。

下降の場合

ピンクのトレンドラインをもしも割り、15106ドルのラインも割るようだと調整の下落トレンドに入っていく可能性があるとみています。
その場合は、14000ドル付近まで下落していくとみております。ショートは、戻りの15106ドルなどから入るのがいいと思っております。

ドル円

ドル円は、大きな下落の後、一気に買戻しが起きました。今後上昇する場合は、104.773まで調整があって上昇していく可能性があるとみています。105.446を超えてくれば、106円まで上がるでしょう。

オレンジ色の→のトレンドライン通りにまだ下落する場合は、103.703をこえて102円まで落ちていくのではないかとみています。

ポンドドル

ポンドドルは、上昇が続いており今後もまだロングで攻めていくべきでしょう。水平線赤色を利確、超えたらホールドまたはサポートされればロングを入れていくのがいいでしょう。
1.3150を割っていく場合は、ピンクのトレンドライン上まで再び落ちていくとみています。そこまでの短期ショートはとることができます。

タイトルとURLをコピーしました