【シリーズ第5話】資産は増やしたら守れ!資産運用がとても重要な理由

コラム

世界情勢に振り回される日本。

今の日本がどれだけ危険な状態にあるかを調べていくと、いつ破綻してもおかしくない状態であるということがわかります。

具体的にどういう状態なのかを追って解説していくと共に、自分の身を自分で守る方法で最も有効な「資産運用」と「資産形成」について、私の見解をお伝えしていきます。

 

お金に対するリテラシーを正しく持ちましょう!

 

資産形成から資産運用へ切り替えるタイミング

第3話で資産を増やしていくためには、2つの方法があるとお話ししました。

資産形成資産運用という二つの段階です。

そして前回、資産形成が大事だというお話をしました。

しかし、この資産形成をお金が増えて増えてそしてまた増えたときにまだ続けているとどうなると思いますか?

うまくいったからといって調子に乗って資産形成を続けるといつか痛い目に合うかもしれません。

今まで形成してきた資産を大きく失うかもしれません。 では、いつ資産形成から資産運用に切り替えていけばいいのでしょうか。  

 

自分がどれくらいの運用額で目標金額がどれくらいかによって段階が違うのです。

 

手持ちの軍資金(投資する資金)が小さいのなら、資産形成という段階、手持ちの軍資金が3000万円以上超えるなど大きくなった場合は資産運用という段階になります。

資産形成は、数百万円などの小さい額を大きくしていく必要があります。

その場合、リスクを小さくするために分散投資を行うわけではなく、いくつもの銘柄の中から「これだ!」と思う銘柄を絞りに絞って1つにします。

もちろんこの時、その自分が選んだ銘柄を買ったとしても価格が上昇しなかったり、逆に下落してしまう可能性もあるわけですが、投資額が小さいため損失はたかが知れています。 

 

資産形成の段階は、 ハイリスクハイリターンの資産形成 を行っていく段階なのです。

いわゆる攻めの段階なのです。

逆に、3000万円以上などの大きな額まで増やすことができたのなら、今度は増やしてきたその資産を守っていかなければなりません。

資産形成と同じような投資スタイルをとっていると、これまでせっかく増やしてきた資産についてハイリスクを取ることで大幅に減らしてしまう可能性が高いためです。

 

3000万円以上にふやすことができたのなら、今後は資産運用の段階に入っていきます。

 

資産運用は、

「いかに資産を減らさないで少しずつ増やしていくか」

です。

 

いわゆる守りの段階なのです。

 

分散投資を行って、リスクを分散させ全体として年のリターンを数パーセントでも上げて少しずつ増やしていきます。

とはいっても、投資している額が大きいため、3000万円の月利1パーセント、年利12%だとしても360万円の利益を出すことができるのです。

このようにして資産形成の段階を踏んでから、その後資産運用の段階に切り替えていかなければならないのです。

生活水準を変えてはいけない

資産運用の段階まで来ると、資産が大きくなり心にも余裕をもつことができるでしょう。

 

心に余裕を持つと、お金の使い方が荒くなってしまいがちです。

今まで我慢していた欲望が解放され、やりたいことやほしいものを買ったりもします。

そうすると、お金をどんどん使ってしまいます。

 

資産運用の段階まで来て月200万円の利益が出るとします。

ここで月200万円すべてをまるまる生活で使ってしまうと資産は増えなくなるどころか、 右肩下がりに減ってしまう可能性だってあるのです。

純資産を増やし、一生働かなくても良いくらいの安心した資産を作るためには、生活水準をいかに変えず使いたいというところを大きく絞って、なるべく少しずつ使っていくことです。

軍資金を減らすことなく、資産を増やし続けるためには複利で回すことでどんどんとお金がお金を生み大きな資産へと変わっていくのです。

 

リスクを取るのではなく、自らお金を使わないことでリスクを取らなくても済む資産の増やし方をコツコツとやっていくことが大切なのです。

資産運用の仕方

資産運用の仕方として一番いい方法は、分散投資をすることです。

 

分散投資をする上で大事なのは、 自分の性格や自分の生活スタイルにあった投資方法 です。

 

投資方法は、株の現物取引、仮想通貨の現物取引、保険など様々です。

朝の時間に余裕があるのなら日本株の投資に力を入れるべきですし、

仮想通貨に期待をしており興味を持っているのなら仮想通貨投資に力を入れるべきです。

 

資産運用で大切なのは、 慎重さ です。

 

負けない投資をし、資産をしっかりと守っていくことが大切なのです。

守る投資をするためには、 自分の生活スタイルや性格に合わせて本気で取り組めるもの にするべきなのです。

そのうえで、分散投資をすることが大切です。

 

分散投資をするメリットは、一つの投資で利益が上げられなくても他でカバーすることで全体がプラスとなればそれでよいということです。

資産形成の段階では、100万円などの少額のためもしすべてなくなっても働けば何とかなるかもしれません。

ただ、資産運用の段階では数千万円の規模で投資しているためもし一つの銘柄を買ってうまくいかなかった場合、数千万円の損失となってしまうため元に戻すことも困難になります。

ですから、分散投資をすることで大きな損失を防ぎ資産をしっかりと守ることができるようになるのです。

 

分散投資をする際は、 利回りが低いもので安全なものの割合を増やし、リスクの高いものの割合を小さくしてポートフォリオを組む べきです。  

まとめ

資産運用をする際で一番大切なのは、資産を減らさないよう守りの投資をすることです。

分散投資をして、なるべくリスクを減らしつつ小さな利回りでも少しずつ増やしていくスタイルを確立していきましょう。

そのために、ポートフォリオを崩さず堅実な姿勢が必要になるでしょう。

バックナンバー

【シリーズ第1話】日本破綻!自分の資産は自分で築き、自分で管理しないといけない理由
...
【シリーズ第2話】日本の破綻を加速する5つの要素!現状を理解した上での対策を
...
【シリーズ第3話】資産形成をすればあなたの資産は爆発的に増える!資産形成の重要性
...
【シリーズ第4話】爆発的に資産を増やす!資産形成の方法
...
タイトルとURLをコピーしました