どこまで戻るかすぐ分かる フィボナッチリトレースメント、フィボナッチエクスパンション

FXトレード
  • どこまで反発するかが予測できる

このフィボナッチリトレスメント、フィボナッチエクスパンション2つを使いこなすことができるようになることでどれくらい相場が戻ってくるか、どこまで相場が伸びるかといったことを想定することができます。

フィボナッチリトレースメントやフィボナッチエクスパンションを水平線の代わりとして使ってエントリーポイントにする人や利確ポイントにする人も多くいます。始まりの価格と終わりの価格を決めてしまえば、あとはこのフィボナッチリトレースメント、フィボナッチエクスパンションを置いてしまえばすぐに使うことができます。

どのようにフィボナッチリトレスメント、フィボナッチエクステンションを使えばよいのか、どのタイミングで当てればよいのかといったところをマスターしていきましょう。

フィボナッチ数列とフィボナッチ比率とは

フィボナッチリトレースメントは、イタリアの数学者であるレオナルド・フィボナッチが発見したフィボナッチ数列をトレードに使えるようにしたものです。

相場が上昇する際、上昇トレンドの一時的な売り場所、いったんの下落場所である押し目や下降トレンドの一時的な買い戻し場所、いったんの上昇場所である戻し目がどこまでくるかを予測することができます。

このテクニカル分析の方法は、エリオット波動やフラクタル構造の分析方法と相性が良いため覚えておきたい方法です。

フィボナッチ数列

フィボナッチ数列とは、「前の2つの数を加えると次の数になる」という数列です。

 

1+1=2
1+2=3
2+3=5
3+5=8
5+8=13

というふうに計算することができます。こういった考え方がフィボナッチ数列です。

フィボナッチ比率

フィボナッチ数列を応用させたものがフィボナッチ比率です。先ほど出した「1、2、3、5、8、13、21、34、55、89・・」これらの数を1つ後ろの数で割り算をしてみます。

1÷1=1
1÷2=0.5
2÷3=0.67
3÷5=0.6
5÷8=0.625
8÷13=0.615
21÷34=0.618
34÷55=0.618
55÷89=0.618

途中から答えが0.618になります。フィボナッチ数列のそれぞれの数を2つ後ろの数で割り算すれば、答えは途中から0.382になるのです。さらに3つ後ろの数で割り算をすれば、答えは途中から0.236になるのです。

フィボナッチ数列のそれぞれの数を1つ前の数で割ってみます。

1÷1=1
2÷1=2
3÷2=1.5
5÷3=1.667
8÷5=1.6
13÷8=1.625
21÷13=1.615
34÷21=1.619
55÷34=1.618
89÷55=1.618

このように答えが途中から1.618となっていきます。この「1:1.618」は黄金比率と呼ばれています。人が見たときに「最も美しい」と感じる比率なのです。いろいろなロゴやマークもこの比率が利用されて作られているものがたくさんあります。

FXのテクニカル分析でも、この黄金比率が非常に意識されています。この1.618という数字は覚えておくとよいでしょう。

フィボナッチ比率を利用したフィボナッチ4つの手法

①フィボナッチタイムゾーン

フィボナッチタイムゾーンは、フィボナッチ数レスの間隔に垂直に線を引く分析方法です。これは「タイム」と名前がついているように時間に関してフィボナッチ数列が意識されているというものです。フィボナッチタイムゾーンによって、どの時間帯に動くのかということを予測することができるのです。どの時間帯に動くのか分かれば、ずっとチャートを見る必要はなく意識された時間付近で相場を見ればよいということや相場が動くなという準備をすることができます。

②フィボナッチアーク

フィボナッチタイムゾーンと同じように、時間の概念にフィボナッチ数列を利用したものさらに価格にもフィボナッチ数列を利用したものです。フィボナッチアークのアークは円弧という意味であり、時間と価格の両方から予測を行ったものです。

③フィボナッチリトレースメント

トレンドの発生の時にどれくらいの押し目(上昇トレンド中のいったんの下落)、どれくらいの戻り(下降トレンド中のいったんの上昇)となっ4ているかを見ることができるものです。「リトレースメント」とは「引き返す、後戻りする」という意味です。ですからどれくらい戻ったかをはかるものです。0から0.236にひいたのなら「23.6%戻った」ということになります。フィボナッチ数列を使った方法の中で一番メジャーで使われる方法だと思います。この方法は、非常に使いやすく一番意識されやすいものだとみています。

④フィボナッチエクスパンション

フィボナッチリトレースメントと同じように押し目や戻りがどこなのかということを予測することに使います。ただ、このエクスパンションは、利益確定をどこでするのかという方法でよく多用されます。「エクスパンション」とは、「拡張」という意味です。どこまで相場が拡張するのかということを予測するものになるので押し目や戻し目で入ったあとどこまで相場が動くかを見るのに使います。

フィボナッチリトレースメントの使い方とは

フィボナッチリトレスメントのラインの引き方

直近の高値と安値を結びます。高値、安値がどこなのかということですが、この使い方は様々です。

一部の上昇に対しての押し目がどれくらいなのかということならば短い範囲をフィボナッチリトレースメントで当てることになります。
逆に大きな上昇トレンドに対して、下落がどれだけでるかということを調べる際は、大きな範囲でフィボナッチリトレースメントを使うことになります。使い方を定めておくことで、迷いなく引けるようになります。

フィボナッチリトレースメントの比

フィボナッチリトレースメントで意識される数列比は決まっています。

0%、23.6%、38.2%、50.0%、61.8%、76,4%、100%がフィボナッチ比率で意識されていますが、その中でも最も意識されるのが23.6%、38.2%、61.8%です。

フィボナッチリトレスメントでは、「0.236、0.382、0.5、0.618、1.0」表記となっています。0.5は50%なので半値ということになります。「半値戻し」はこのフィボナッチリトレースメントを引くことで分かります。

別記事にある、水平線で引いたところはこのフィボナッチリトレースメントが意識されていることが多いです。そのため、フィボナッチリトレスメントと水平線が重複していれば良く効いていることが分かるでしょう。

フィボナッチエクスパンションの使い方とは

このフィボナッチエクスパンションを使う最大のポイントは、利確ポイントです。

1つの上昇に対して、フィボナッチエクスパンションを引き、押し目のところに3点目を引くと、上にフィボナッチエクスパンションをおくと、押し目で拾った上昇をどこで利確すればいいかの目安が分かるのです。

数値として使うのは

61.8%
100%
161.8%

3つの割合を使うのは、黄金比率であり、多くの投資家が意識している決済ポイントになります。他にも78.6%、127%、261.8%も使うとよいでしょう。

フィボナッチリトレースメントとエリオット波動

フィボナッチリトレースメントと相性の良いものとして、エリオット波動という分析方法があります。

エリオット波動は「上昇5波下降3波」という決まりがあります。上昇5波のなかで、押し目となるのが2波と4波です。この2波と4波がどれくらい戻るのかという決まりがあるのです。

2波

1波の上昇に対して「50%~61.8%」の押し目になりやすい

すなわち2波は1波動目の終点を0にして1波動の始点を100にすると0.5~0.618まで戻るということが多いということです。

上昇トレンドの始まりのため、まだ下降トレンドとして「ショート」(売り)を入れる人が多く売り圧が大きいため深い押し目になりやすいのです。

4波

3波の上昇に対して「23.6%~38.2%」の押し目になりやすい

すなわち4波は3波動目の終点を0にして3波動の始点を1すると0.236~0.382まで戻るということが多いということです。4波動目は、大きな上昇3波にたいして利確売りが発生し下落します。

しかし、押し目としてまだ上がるだろうと思って買われる傾向もあるため浅い押し目になりやすいというところです。

下降3波のなかで戻し目となるのがB波です。このB波についてもどれくらい戻るのかということにも決まりがあります。

B波

A波の下降に対して「61.8%~78.6%」の戻し目になりやすい

すなわちB波はA波の終点を0にしてA波の始点を1にすると0.618~0.786まで戻るということが多いということです。A波の下落に対して押し目とみて買いが多く入るため、B波は大きな上昇の戻りが出やすいのです。

これらの決まりは、必ずしも当たるわけではありませんがエリオット波動の波動とフィボナッチリトレースメントを使うことで、どのようなチャートを描くかを予測することができるようになるのです。

フィボナッチリトレースメントを使うと予測がしやすく自分で水平線を引く必要がない

フィボナッチリトレースメントをはじめはどう引けばよいかが分からず、難しい部分があるかもしれません。しかし、水平線と違って自分の意図として引くわけではないため、大きなずれを減らすことができます。

また、フィボナッチリトレースメントだけではなく、フィボナッチエクステンションの比率を使って利確ポイントの目安にもなりますし、エリオット波動を活用すればどのようなチャートを描くかも予測できてしまいます。

このように、フィボナッチ数列を使ったテクニカル分析は、様々な使い方ができます。
チャートは、投資家である人間がこのフィボナッチの比率を意識しているため、非常に活用しやすいものになっています。ぜひ様々な使い方ができるようになってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました